このページの本文へ移動します。

大阪ガスはこんな会社です

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

LNG調達

海外8カ国から安定的・経済的にLNGを調達

大阪ガスグループでは、ガスの主な原料であるLNG(Liquefied Natural Gas=液化天然ガス)を全て海外から輸入しています。現在、8カ国の生産者と長期にわたる購入契約を結び、LNGを安定的・経済的に調達しています。

天然ガス埋蔵国と調達先

7隻の自社向けLNG船の権益を保有

LNGの輸送は専用のタンカー(LNG船)で行ないます。大阪ガスグループでは7隻の自社向けLNG船の権益を保有しており、輸送コストの削減に加えて、他社へのLNG船の貸出やLNG販売など、ビジネスの拡大を図っています。

ガス豆知識

ガス事業は、為替などの影響を受けるの?

大阪ガスグループはガスの原料となるLNG(Liquefied Natural Gas=液化天然ガス)を海外から輸入しています。購入価格は米ドル建てで原油価格と連動しているため、為替レートや原油価格の変動により仕入価格が変動します。仕入価格の変動は、間をおいて、ガス料金(販売価格)に反映される仕組みが採られており、これを「原料費調整制度」と呼んでいます。仕入価格の変動が販売価格に反映されるまでには時間差(タイムラグ)があるため、1年間で区切ると利益に影響を与える可能性がありますが、中期的には中立と考えることができます。

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る