このページの本文へ移動します。

大阪ガスはこんな会社です

文字サイズ
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズを標準にする
  • 文字サイズを大きくする
印刷
ページを印刷する

天然ガスの特徴

環境にやさしいエネルギー・天然ガス

天然ガスは、地球温暖化の原因となるCO2の排出量が石炭や石油より少なく、化石燃料の中では最も環境にやさしいエネルギーです。また、特定の地域に偏在せず、石油と比べて埋蔵量が豊富であるといった特性があります。

天然ガスの将来性

新興国でのエネルギー需要の増大や非在来型天然ガスの利用拡大、日本における電力需給環境の変化などにより、天然ガスが果たす役割は大きくなっています。IEA(国際エネルギー機関)の試算によれば、天然ガス需要は2035年までに大きく増加し、世界の一次エネルギー消費に占める割合は約25%に達すると予測されています。

天然ガスの供給安定性

天然ガスは、世界各地で豊富な埋蔵が確認されており、高まる需要に対して、安定的に供給することができると考えられて います。なお、埋蔵量は世界の需要の50年分以上に相当します。

ガス豆知識

天然ガスは地球のどこに存在するの?

天然ガスはメタンを主成分とする無色透明なガスで、東南アジア・オーストラリア・中東・ロシア・アフリカ・アラスカ・中南米など、世界中に広く分布して存在しています。天然ガスは、地中深くに気体として存在していますが、気体のままでは運搬に適さないので、採掘した後に-162℃まで冷却して液化し体積を600分の1にしています。
この液体の状態になった天然ガスを英語で「Liquefied Natural Gas」と言い、通常は頭文字をとって「LNG」と呼んでいます。
また、在来型の天然ガスに加え、シェールガスやメタンハイドレートなどの新たな天然ガス 資源が世界各地に豊富に存在すると言われています。中でもシェールガスは、近年では アメリカでの生産が活発化するなど、世界から注目が集まっています。

ページトップ

株主・投資家情報

大阪ガスをもっと知る!

  • 事業内容
  • 沿革
  • 大阪ガスグループのCSR

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る