このページの先頭です
ここから本文です

大阪ガスグループ“小さな灯”運動

“小さな灯”運動は、大阪ガスグループの企業ボランティア活動として、1981年(国際障害者年)に始まりました。「私たち一人ひとりが身近なことに関心を持ち、地域社会のさまざまな問題の解決に自らの意思で積極的に取り組んでいこう」という趣旨で始めたもので、社員たちが自主的に活動を企画し、参加し、続けていくというのが、この運動の特徴です。大阪ガスグループの事業活動は、地域の皆さまの生活に密着しています。それだけに、私たちには地域社会の一員、つまり「良き企業市民」としての一層の自覚と行動が求められていると考え、“小さな灯”運動に取り組んでいます。一つひとつ、一人ひとりの取り組みはささやかですが、それらを継続し、積み重ねることで大きな力になれば、と願っています。

●ロゴマークの由来 “小さな灯”運動のシンボルマークは、昔ガス燈が普及し始めた頃に使われていた「火屋(ほや)」に似た形の花、すずらん。火屋とは炎が消えないように覆い包むガラス製のカバーのこと、すずらんの花言葉は「いっぱいの善意・愛」です。

“小さな灯”運動30年の歩み

小さな灯”運動30年の歩み イメージ

このページの先頭へ

“小さな灯”運動のスキーム

“小さな灯”運動のスキーム イメージ

大阪ガスグループ“小さな灯”運動

大阪ガスグループの社会貢献活動 TOPへ

  • “小さな灯”運動の取り組み
  • 子どもたちとともに
  • 障がいのある方とともに
  • ご高齢の方とともに
  • 環境啓発
  • 関西文化力の向上
  • 従業員によるボランティア活動
  • 災害被災地に対する支援
  • “小さな灯”運動30周年記念事業