このページの本文へ移動します。

Daigasグループ“小さな灯”運動
“小さな灯”運動30周年記念事業

2011年4月、“小さな灯”運動は、30周年を迎えました。これを記念して、次の5つの事業を行います。

  • 1.「30周年ロゴ」の作成
  • 2.「子ども支援市民活動助成プログラム」の実施
  • 3.「自立援助ホーム」支援
  • 4.「社会貢献フォーラム」の開催
  • 5.「30周年記念音楽会」の開催

「30周年ロゴ」の作成

30周年を記念してロゴマークを作成しました。
30周年ロゴ

「子ども支援市民活動助成プログラム」の実施

大阪ボランティア協会の企画運営協力を得て、公募により、子どもたちに関わる市民活動団体が実施する「困難な境遇や障がい等、課題を有する子どもたちに焦点をあてたプロジェクト」を助成します(主に幼児、小学生から高校生の世代を対象とします)。
助成対象期間:2011年4月1日(金)〜2014年2月28日(金) (1年め:30万円 2年め:10万円 3年め:10万円)

法人格 団体名 府県住所
NPO法人 アートスペースIPPO 兵庫県
一般社団法人 クルレ 兵庫県
任意団体 サタデイクラス運営委員会 大阪府
NPO法人 児童虐待防止協会 大阪府
NPO法人 地域生活サポートネット
ほうぷ
大阪府
任意団体 聴覚障がい児プログラム
研究会 マイ・マイ
京都府
任意団体 日本パークレンジャー協会 大阪府
法人格 団体名 府県住所
任意団体 ピグレット 兵庫県
NPO法人 兵庫県子ども文化振興協会 兵庫県
NPO法人 フリースクールみなも 大阪府
NPO法人 ホップすてーしょん 京都府
任意団体 みんなでつくる学校
とれぶりんか
大阪府
任意団体 ライト・オン・
デザイン・プロジェクト
大阪府
NPO法人 ラマモンソレイユ 大阪府

「自立援助ホーム」の支援

自立援助ホームとは義務教育終了後、児童養護施設等を出て、働かざるを得なくなった20歳未満までの子ども達に暮らしの場を与える施設のことです。
15歳の義務教育終了後、児童養護施設や家庭から出て働かなければならない子どもたちは、意欲や能力の面で一人で生活できる状況にないことが多く、職場や生活場面で困難をかかえ、社会適応ができないという現実があります。そのような子どもたちに対し、暮らしの場を提供し、生活指導、勤務先との調整、就職先の開拓等を行っている施設を支援します。
(4団体6施設に対し、1施設あたり30万円を支援)

「社会貢献フォーラム」の開催

6/17(金)本社ガスビルで「社会貢献フォーラム」を開催し、大阪ガスグループ各社各組織から約名の方々に参加いただきました。前半は、地元で地域社会貢献活動を行っている社員から、活動の内容やきっかけのヒントなどを紹介していただきました。後半の、赤星憲広さんと牧野エミさんの対談形式での記念講演では、赤星さんから野球人生でのいろいろなエピソードや車椅子を贈る活動について紹介いただきました。車椅子の活動は年、一人のファンの方との出会いが始まりで、それが今でもずっと続いており、社会貢献活動は「きっかけ」を大事にしてほしい、とのお言葉をいただきました。また、会場では、赤星さんへの活動の募金を行い、総額は58,841円に上り、後日事務所から感謝状をいただきました。
社会貢献フォーラムのイメージ

「30周年記念音楽会」の開催

“小さな灯”運動では、年4回ガスビルで「癒しの音楽」を開催していますが、そのうちの1回をスペシャルルバージョンとして、創部65周年を迎える大阪ガスマンドリンクラブと共催で「大阪ガスグループ“小さな灯”運動30周年、大阪ガスマンドリンクラブ創部65周年記念チャリティコンサート」を開催します。

  • 日時:2012年2月25日(土) 16:00開演(15:30開場)
  • 場所:いずみホール(JR環状線「大阪城公園駅」下車徒歩3分)
  • 出演:竹内正蔵(指揮)、大阪ガスマンドリンクラブ(演奏)
    【ゲスト】村冨満世(津軽三味線)、古川忠義(ギター)
  • 主催:大阪ガスグループ“小さな灯”運動、
    大阪ガスマンドリンクラブ
  • 協力:いずみホール(財団法人 住友生命社会福祉事業団)
30周年記念音楽会のイメージ
“小さな灯”運動TOPページへ戻る
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
facebook
このページのトップへ戻る