このページの本文へ移動します。

活動レポート

2019チャリティカレンダー募金等での「被災地支援」について(ご報告)【“小さな灯”運動】

イメージ画像

いつもDaigasグループ“小さな灯”運動 の活動にご協力をいただき、ありがとうございます。
2018年10月から12月にかけて実施いたしました「2019チャリティカレンダー募金」では、Daigasグループ従業員、OB、関係先、一般のお客さまなど、多くの方々にご協力をいただきました。皆さまに心より感謝をいたします。


このたび集まった募金の一部を「被災地復興に携わる団体への応援基金として寄贈」を完了いたしましたので、ご報告をさせていただきます。


■募 金 総 額   : 7,633,921円  (前年:8,013,964円)

■カレンダー数量:  14,713部  (前年:15,757部)


■募金の活用方法および寄贈先

(1)大阪ガスの供給区域内の全自治体さまへ物品寄贈:社会福祉・教育等の行政目的で、各自治体からのご希望の物品
        (例:車いす、血圧計、絵本、玩具、楽器、健康器など)を寄贈



(2)被災地支援金として寄贈:計1,515,540円(前回同額)
 ※東北や熊本に加え、昨年発生した様々な自然災害により被災された被災地復興に携わる団体への応援基金として寄贈

    1.<東北>日本NPOセンター「東日本大震災現地NPO応援基金」
    2.<東北>中央共同募金会「災害ボランティア・NPO活動サポート募金2」
    3.<東北>特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンター ※御堂筋復興支援バザーに協力
    4.<東北>えがおのたねプロジェクト ※御堂筋復興支援バザーに出店
    5.<東北>特定非営利活動法人市民公益活動パートナーズ(福島) ※御堂筋復興支援バザーに出店
    6.<九州>中央共同募金会(ボラサポ・九州)
    7.< 他 >中央共同募金会(台風21号災害、北海道胆振東部地震災害にともなうボラサポ)



(3)“小さな灯”運動活動資金:Daigasグループの企業ボランティア活動“小さな灯”運動の活動資金として有効活用
       (例:障がい者、高齢者、子ども支援の活動資金として活用)


※Daigasグループ“小さな灯”運動では、上記被災地支援の他に、本社ガスビル前(御堂筋)で被災地復興支援バザーを開催したり、未使用・書き損じはがきを回収し、県外避難者の団体様へ寄贈をするなど、関西からできる支援活動を継続しています。



【担当】Daigasグループ“小さな灯”運動事務局(大阪ガス 近畿圏部 ソーシャルデザイン室内)
     電話:06-6205-4545  e-mail:socialhp@osakagas.co.jp


  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
このページのトップへ戻る