このページの本文へ移動します。

活動レポート

第25回KIX泉州国際マラソンで審判長車に「MIRAI」を運行しました

イメージ画像

大阪ガスは、従来より近畿圏部南部地域共創チームが窓口となって運営にご協力しており、今回は秘書部管理の燃料電池車「MIRAI」を審判長車として運行した。


218日(日)関西国際空港の地元9市4町(堺市、高石市、和泉市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町)による広域行政の推進および泉州地域の活性化、国際化を目的に第25KIX泉州国際マラソンが開催されました。

寒さは残るものの晴天に恵まれ、大会実行委員長の阪口高石市長の号砲で1030分スタート。フルマラソンは、今回初めて特別招待選手に招聘された当社陸上部の大江さん(総合2位/2時間2241秒)と川南さん(総合3位/2時間2259秒)を含め総勢5,244名が堺市浜寺公園から泉佐野市りんくう公園までの42.195キロの泉州路を駆け抜け、4,501名が見事に完走しました。10キロマラソンについては、浜寺公園から高石市の王子川南交差点を折り返すコースに255名が出走し201名が完走しました。

 

当社は、協賛企業として秘書部管理の燃料電池車「MIRAI」を審判長車として運行し、2025年大阪万博のメッセージを張り付け沿道の住民や応援者にPRしました。今後も、南部地区では地元企業として、泉州地域の活性化に貢献できる取り組みを行ってまいります。

 

 

 担当:大阪ガス(株)近畿圏部 南部地域共創チーム


  • イメージ画像
  • イメージ画像
Daigasグループの社会貢献活動
活動内容

地域社会と共に

歴史・文化・まち

スポーツ・健康

安心・安全

“小さな灯”運動

災害被災地に対する支援

“小さな灯”運動30周年記念事業

活動予定・参加者募集
活動レポート
このページのトップへ戻る