このページの先頭です
ここから本文です

活動報告

地域 「ソーシャルデザインフォーラム2016」を開催しました!2016/09/02

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

 8月30日(火)15:00〜、本社ガスビル3Fホールで、「ソーシャルデザインフォーラム2016」を開催した。およそ200人の参加者は、最初から最後までほとんど途中退席することなく、聴講された。

  松坂副社長に冒頭のご挨拶をいただいたあと、第1部は、大阪ガスグループ内のソーシャルデザイン活動を紹介。
   ①導管計画部・鞆鉄也さん(2015年度の社長表彰(地域社会貢献表彰)受賞者 … 「ソフトボール審判員としてスポーツ振興に貢献」
      地元交野市でのご自身の活動とともに、普段聴く機会の少ない審判員の活動について説明。
   ②近畿圏部・ソーシャルデザインチーム・山納洋氏 … 「大阪ガスグループのソーシャルデザイン活動について」
      大きく5つの分野で活動が行われている現状を紹介
   ③近畿圏部・南部地域共創チーム・南貴美子さんとNPO法人SEIN(サイン)の宝楽陸寛(ほうらく・みちひろ)さん … 「南大阪子育てネットワークの活動について」
      5つの団体が横並びのビジネスパートナーとして、社会課題を担うプラットフォームとして活動している様子を、2人で掛け合いをしつついきいきと紹介された。

  休憩の後、第2部は、「関西で活躍するソーシャルデザイナーたちの挑戦」。初めに、京都精華大学・特任講師(元NPO法人greenz)兼松佳宏さんより「ソーシャルデザインこの10年」と題して、「ソーシャルデザイン」という言葉や活動が近年注目されるようになった経緯・状況を紹介。
引き続いて、兼松氏の進行で次の4名の方から、それぞれの団体の活動の紹介があった。
  ①NPO法人スマイル・スタイル 古市邦人氏 … ニートや引きこもりの若者の就労支援
  ②泉北グループ・スコーレ 利安和子氏 … 自宅を開放して、シニアコミュニティづくり
  ③NPO法人Co.to.hana(コトハナ) 西川 亮氏 … 「ひとしごと」を通じたコミュニティづくり
  ④NPO法人トイボックス 白井智子氏 … 不登校や発達障害の子どもたちの支援
いずれの方々も、現在行っている活動の紹介のほか、「自分ごと」になったきっかけ、活動発展の状況、現在抱えている課題、大阪ガスグループに望むこと、をわかりやすく説明された。発表には迫力があり、聴講されている方々も強く心に響いてくるものがあったようである。

  最後に、宮川常務が、登壇者への謝辞のほか、「今回のフォーラムを聞いた皆さんが、地域社会のために一歩を踏み出すきっかけとなっていただければありがたい。」と終わりの挨拶を述べられ、盛況のうちにフォーラムを終えた。

 
★お問合せ:大阪ガスグループ“小さな灯”運動事務局
      (大阪ガス(株)・近畿圏部・ソーシャルデザインチーム内)