このページの本文へ移動します。

ガス設備の安全システム

温水機器

 

温水機器には、不完全燃焼防止装置をはじめ、機器の劣化を検知する自己診断機能などが搭載されています。

不完全燃焼防止装置 不完全燃焼を防止します。
詳しくはこちら
自己診断機能 経年劣化による燃焼不良を検知し、燃焼改善を行います。
立消え安全装置 点火不良・途中消火時 てんかふりょう、とちゅうしょうかじ の生ガス流出を防止します。
点火時安全装置 未燃焼ガスによる爆発着火を防止します。
過熱防止装置 熱交換器等が異常に過熱した場合に機器を停止させます。
漏電安全装置 漏電を検出して電源を遮断します。
からだき安全装置 空焚き からだき 時、機器損傷前に燃焼を停止します。
からだき防止装置 空焚き からだき を未然に防止します。
過圧防止安全装置 機器内水圧が一定以上上昇した場合に、圧力を逃がします。
凍結予防装置 機器の凍結破損を防止します。
[注意]機種により搭載されている安全機能は異なります。

温水機器の不完全燃焼防止装置

温水機器の「不完全燃焼防止装置」には、温度センサーを利用して炎の状態変化を検知するものや、一酸化炭素の濃度を直接確認するセンサーを搭載する方式など、機器の設置場所や特性に応じて様々な方式があります。


温度センサー式( 開放式小型湯沸器 かいほうしきこがたゆわかしき 等)

熱交換器の閉塞等、不完全燃焼時に火炎温度が変化
⇒火炎温度の変化を2つの 熱電対 ねつでんつい (温度センサー)で検知します。



温度センサー式(CFふろがま等)

逆風止めからの排気溢れを2つのサーミスタ(温度センサー)で検知します。



COセンサー式

排気中のCO濃度を直接検知します。


本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。