このページの本文へ移動します。

緊急時のお願い

地震が起きたときは

地震発生直後の注意ポイント

  • ●感震器が震度5相当以上の地震を感知するとマイコンメーターが自動的にガスをしゃ断します。
    あわてないで、落ち着いて行動してください。
  • ●地震がおさまってから、ガス機器の器具栓を閉め(消火)、ガス栓(元栓)も閉めてください。
  • ●ガスもれに気づいたら、すぐ窓や戸を開けて、大阪ガス(ガスもれ通報専用電話)にご連絡いただき、屋外に避難してください。

※火や電気は絶対に使用しないでください。

換気扇、電灯などのスイッチには絶対にふれないでください(火気厳禁)。

ガスが出ないときは

  • ●大きな地震などでその区域のガスの供給を停止している場合や、ガスの配管等が破損している場合は、ガスは使用できません。ガスの供給停止状況は下記からご確認いただけます。
  • 供給停止状況のご確認
  • ●ガスが供給されているエリアで、ガス栓を開いてもガスが出ないときはマイコンメーターの復帰操作を行ってください。

マイコンメーターの機能についてはこちら >

地震がおさまってから、下記についてご確認のうえ、ガスをご使用ください

給排気設備についてご確認ください

次のad のような現象があればガスをお使いにならず、大阪ガスお客さまセンターへご連絡ください。

地震がおさまってから、下記についてご確認のうえ、ガスをご使用ください。

  • a 排気筒がふさがって(詰まって)いませんか?
  • b 排気筒がはずれていたり、穴があいていませんか?
  • c 給気口がふさがっていませんか?
  • d 壁と排気筒の間にすき間ができていませんか?

ガス機器本体の変形・破損についてご確認ください

ガス接続具について確認をしてください

ガスコードやゴム管(ガスソフトコード)がきちんと差し込まれているかを確認し、正しく接続しなおしてください。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る