このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

環境に貢献するバイオマス材料(フルオレンセルロース)

概要

乾燥後の凝集を抑え、樹脂や有機溶媒に高い分散性を示す、当社独自のセルロースファイバー(フルオレンセルロース)を提供しています。



背景

セルロースファイバーは、鉄の1/5の軽さで、鋼鉄の5倍以上の強度を有し、また熱膨張係数もガラスの1/50程度であることから、ガラス繊維などに代わる樹脂フィラー材料として期待されています。
しかしながら、セルロースファイバーは強い親水性(水との馴染みが強い)を有するために、水の中に数%程度入れるだけでも流動性がなくなってしまいます。さらに、この水分散液は乾燥するとセルロース同士が凝集するため、汎用の樹脂と混練することができず、その利用が難しいとされてきました。
大阪ガスグループでは、フルオレンという独自の材料を用いてセルロースファイバーの表面を修飾することで、乾燥後の凝集を抑えたフルオレンセルロースを得ることができました。

フルオレンセルロースファイバー

取り組み

フルオレンセルロースは、水分をほとんど含んでおらず、ドライ粉末として供給できるだけでなく、アルコール、エーテルなどの有機溶剤に分散させることができるため、コーティング用途向けの溶媒分散品として、また、ポリ乳酸(PLA)やポリアミド(PA)などの樹脂と容易に混合できるため、コンパウンド用途向けのマスターバッチとしてもサンプル供給が可能であり、現在はサンプルワークを積極的に行い、様々な用途で評価いただいております。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る