このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

エネルギーの高度利用と環境負荷低減のための触媒技術

概要

燃料電池によるエネルギーの高度利用や、各種燃焼機器の環境負荷低減に、かつて石油系原料を用いて都市ガスを製造していた頃に培った触媒技術が活かされています。

実用化例

固体高分子形燃料電池では、都市ガスを水素に変換する燃料改質装置に当社で開発した脱硫触媒や水蒸気改質触媒が使用されています。また、当社が開発したガスエンジン用三元触媒は、性能および耐久性が高く、コージェネレーションシステムの高い環境性を支えています。

今後の取り組み

省エネルギーや環境負荷低減の要求に応えながら、お客さまの快適な暮らしを支えていくため、都市ガスから低コストで水素を製造する技術など、将来を先取りした技術開発にも取り組んでいます。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る