このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

非開削工法 <Sモール>

概要

Sモール工法は簡易なインパクトドリルとドリル状のロッド、先端部に取り付けるビット、ガス管引き込み用アダプターから構成されます。

装置の部品点数が少ないため、ピットの面積や運搬スペースをあまり必要としません。ドリル状のロッドを継ぎ足すことで、2〜3m程度の掘削が短時間で容易に行えます。またインパクトドリルを採用することで、硬質地盤での無理のない施工も可能です。

概要

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る