このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

非開削工法 <グルンドバースト工法>

概要

入替対象の既設管内に挿入したロッドで、バースティングヘッドとこれに接続したPE管を引込むことにより、更新を行います。管径より大きなバースティングヘッドが進むに従い、既設管がウロコ状に割れ拡径されたトンネル内に新しいPE管を引込みます。



工法

入替対象の既設管内に挿入したロッドで、バースティングヘッドとこれに接続したPE管を引き込むことにより、更新を行います。管径より大きなバースティングヘッドが進むにしたがい、既設管がウロコ状に割れ拡径されたトンネル内に新しいPE管を引き込みます。

工法

・適用管材質:ねずみ鋳鉄材。ダクタイル鋳鉄材のサドル、クランプ

・入替サイズ:既設鋳鉄管 100A、150A、200Aを、同径のPE管に入替える

・施工延長:最大50m

・配管形状:ベンド、レジューサー、水取り、バルブなどを含まない直管に限る。
              道路に添ってカーブした配管であれば適用可能(1継手曲がり3°以内)

効果

既設管がガイドとなり、土質に影響されず、他の埋設物を破損すること無く確実に施工できる。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る