このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

風力発電所の発電量予測シミュレーション技術

概要

 風力による発電量は風速の3乗に比例するため、高精度で風の予測を行う必要があります。効率の良い風力発電所実現を目的に、風況予測シミュレーション技術の開発と活用を進めています。



特徴 

 コージェネ排ガスの拡散予測などを目的とした、建物近傍の複雑な風の流れを予測するシミュレーションで培ったノウハウを応用し、計算領域の取り方・メッシュ構成・数値計算法などを適正化した予測手法を確立しました。また、既設の発電所において予測の信頼性についても検証し、十分な信頼性があることを確認しています。さらに、海外の地形データや気象観測データにも対応し、国内のみならず国外の風力発電所の発電量予測をも行える体制を整備しました。

既設発電所での検証例 国外発電所の予測例(年平均風速分布)

今後の取り組み 

 開発した手法は、これまで、広川明神山風力発電所や豪州風力発電プロジェクト「ハレット4」などの発電量予測に活用してきました。今後も、本手法により風力発電所の発電量予測や、風車配置の適正化による発電量向上に活用してゆきます。
 また、メソスケールの気象シミュレーションにより、数日先までの風や日射量を予測する技術開発にも取り組んでおり、再生可能エネルギーのより効率的な運用を進めて参ります。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る