このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

膜式メーターの究極的リユース

概要

 大阪ガスでは膜式ガスメーターの使用年限を40年としていましたが、メーターメーカー様との共同評価に基づきH22年7月より60年に延長することにしました。この究極的なリユースにより新品メーターの製造と比べて大幅にCO2排出量を抑制することができました。



メーターの特徴とリユース

膜式メーターには、ガスの「計量」と、過大な流量・ガス圧低下・地震時に供給を遮断する「保安」という二つの機能があります。大阪ガスでは、これらの機能を適正に維持するため、計量法に基づきメーターを10年ごとに取り替えています。取り外したメーターは多くの使える部品を再利用し(下図赤色部品のみ10年廃却)、通算40年まで修理を繰り返していました(この取組みに対してH18年度に東京ガス様と連名でリデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰を受賞)。

分解図

究極的リユース

 愛知時計電機株式会社様、関西ガスメータ株式会社様、株式会社金門製作所様と共同でメーターの耐久性に関する評価試験(繰返し試験、熱加速試験等)を行いました。この試験において良好な結果が得られたため、メーターの使用年限を現行から20年追加し、60年とすることにしました(H22年7月より)。

環境への貢献

 大阪ガスでは約680万台の膜式メーターをお客さま先に設置しています。これらのメーターは1台あたり約2kgのアルミニウムを使用しており、新品を使わず修理すれば(筐体の鋳造等による)CO2排出量を約12kg抑制できます。しがたって総計CO2排出量約8万t、アルミニウム1.4万tを20年間抑制することができます。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る