このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

製造から低圧までの安定供給をコントロールする超大規模遠隔監視制御システム「LUNASOLA」

概要

 ガス製造供給網の中央監視制御システム(システム名:LUNASOLA)は、近畿一円にのびるガス製造供給網を365日24時間連続で監視制御するシステムです。このシステムで供給設備の状態を監視し、またガスホルダーなどを活用することでお客様のもとへ都市ガスを「安全に」、「安定して」お届けしています。

概要イメージ

構成

システムは、主に、中央指令システムと、中央指令サブセンターシステム、地域導管部に設置された監視端末から構成されています。これらのシステムを相互に連携させながら、リアルタイムで監視制御を行っています。各地域導管部との通信は自営無線網を使用します。
両システムは常時(並列して)監視を行い、制御は制御権を持つセンターからのみ行います。両システム間で、制御情報、制御権情報、各種設定値情報等を共有しています。

構成イメージ

仕様

システム 監視制御サーバ、監視制御端末、通信制御装置
監視局数 約3,300箇所
監視点数 約90,000点
監視周期 定周期(1分)/イベント(ローカルからの接続)
通信方式 自営無線網/アナログ公衆回線

おわりに

 本システムは、当社の高圧から中圧Bステーションまでを統合監視するためにH21年から従来システムを更新し、H23年に完成しています。

商標「LUNASOLA」は大阪ガス株式会社の登録商標です。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る