このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

非開削工法

目的

  1. 1.コンパクトなピット内でのガス管敷設作業による掘削土砂および復旧面積の大幅削減。
  2. 2.現場付近住民への交通障害などの迷惑度の軽減
  3. 3.水路下越しおよび道路横断など開削工事困難な現場での施工。

非開削工法のメリット

非開削工法を用いることにより、環境(住民・交通・道路等)に与える迷惑度の減少、工事イメージの刷新及び導管工事費用の削減が可能となります。

非開削工法の種類<主としてポリエチレン(PE)管を敷設するもの>

  新設 入替
本管
(100、150、200A )
バーミア
( 鋼管非開削も対応 )
グルンドバースト
インサーション
支管
( 50,75A )
ピットアーバン/コンパクト推進機
( 100A、150A、200Aも可能 )
パイプスプリッター
(100Aも引込可能)
供給管( 30A ) 電動式SPモール
ハンマーヘッドモール
Sモール
電動式SPモール

販売元

大阪ガスエンジニアリング株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る