このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

供内管更生修理工法「シャトルライニング工法」

概要

 配管内に注入したライニング剤の中に、ライニングピグを空気圧により押し進めることにより、管の内面に均一なライニング膜を形成します。

目的

 シャトルライニング工法は、「継手漏えい予防」・「腐食漏えい予防」を目的として、既設ガス配管の内面にエポキシ樹脂のライニング膜を形成する工法です。当工法は、経済産業省の「供内管腐食対策ガイドライン」および「本支管維持管理対策ガイドライン」に規定された「更生修理工法」の評価基準に適合しております。

特徴

  • 部分的な掘削工事で既設埋設ガス配管の気密性を向上でき、工事費用の低減が図れます。
  • 曲がりの箇所数に制限なく適用できます。
  • 道工具セットはコンパクトで車載が可能です。
  • 1人でも作業ができ、1回あたり約60分〜75分で施工可能です。(掘削、復旧等の作業は除く)

仕様

適用圧力 低圧
管種 ねじ継手鋼管
口径 同径配管の場合:25A、32A、40A、50A
異径配管の場合:25A/32A、32A/40A
延長 25A:16m、32A:22m、40A:24m、50A:20m

導入

平成3年

販売元

大阪ガスエンジニアリング株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る