このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

中圧A地区ガバナユニット「APG」

特長

  • A-B用(10000m3/h)、A-L用(1000m3/h)の2タイプのラインナップ
  • 信頼性の高い2系列1遮断構成
  • 応答性、安定性に優れた整圧性能

適用範囲

中圧A地区ガバナ

メリット

  • 導管未発達エリアにも対応可能
  • 低コストユニット(従来比 −20%)

導管未発達エリアにも対応可能 低コストユニット(従来比 −20%) 近年、滋賀地区など中圧A輸送導管延伸エリアのガス需要が増大
↓
一般エリアだけでなく、導管網未発達エリアにも対応できる高性能で低コストな新型中圧ガバナユニットを開発

APG開発の技術ポイント イメージ

販売元

 大阪ガスエンジニアリング株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る