このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

新導管MAPシステム

概要

“新導管MAPシステム”とは、設備管理を主目的としたGIS(Geographic Information System:地理情報システム)を活用したマッピングシステムです。
 大阪ガスでは昭和61年(1986年)にマッピングシステムを導入し、その後、バージョンアップを重ねながら、近畿2府4件に及ぶ約60,000kmのガス導管網をデータベース化して管理しています。
マッピングシステムは、各種図面や工事計画の作成・設計・管理、そのほか占用管理や修繕業務などにも活用され、業務の効率化と保安の向上を実現しています。また阪神大震災の復旧作業にも必要不可欠なシステムでした。
 平成15年、イントラネット・ガスグループ向けのネットワーク上での再構築を行い、導管図をWeb上で扱えるようになり活用の幅が広がっています。

目的

 「コンピュータによるガス導管図面の更新と関連情報の一元管理」と「これらの情報を活用した業務の効率化と保安の向上」を目的とします。

特徴

  • パソコン等のWeb上で本格的な設備管理GISの実現
  • ガス導管網の分析、集計が可能

将来の展望

地理情報標準に対応することにより、導管情報とあわせたGIS利用環境を構築し、設備管理のみならず業務全般に活用することを目指します。

販売元

大阪ガスエンジニアリング株式会社

開発元

 オージス総研株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る