このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

デジタルマノメータ

概要

従来、ガス配管の気密検査時に、デジタルマノメータ自体の温度変化が検査結果に影響を及ぼすことがありました。そこで今回圧力センサーをガス栓直結方式としたデジタルマノメータを開発しました。この改良により、デジタルマノメータ本体の温度変化による影響を低減し、誤判定の可能性を低減しました。

特長

  1. 1.圧力センサー直結方式により、本体の温度変化による測定誤差を低減し、より正確な測定が可能。
  2. 2.携帯ケース容量を従来比50%減、重さ同40%減とし、小型軽量化。
  3. 3.録紙排出口形状を1/4に縮小し、内蔵プリンターへのゴミの侵入を低減。
  4. 4.電波時計を内蔵し、自動で時刻修正。

仕様

項目
仕様
測定気体 空気、燃料ガス、プロパンガスなど非腐食性気体
性能測定範囲 0〜20.00kPa
誤差 ±0.03kPa以内
分解能 0.01kPa
気密 22.00kPa5分間で漏れなし
耐圧 30.00kPa2分間で破損なし
使用温度 使用温度 -5〜+50℃
時計 1分以下(-10〜60℃)
機能漏れ試験 漏れ判定機能付き
電源 単3型乾電池4本
寸法(携帯ケース) 230×110×110mm
重量 1.1kg

販売元

大阪ガスエンジニアリング株式会社、愛知時計電機株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る