このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

低炭素社会の実現に向けて、家庭内のエネルギー利用を最適化する「スマートエネルギーハウス」

概要

 スマートエネルギーハウスとは、3電池システム(燃料電池・太陽電池・蓄電池)と負荷をトータルでマネジメントすることにより、電気だけでなく熱まで含めた家庭内エネルギー利用の最適化を実現する住宅です。 また、エネルギー消費機器(ガス機器や家電機器)や太陽電池等の省エネルギー性は年々向上していますが、機器単体の性能向上には限度があることから、スマートエネルギーハウスではそれらを情報ネットワークで繋ぎ、エネルギーの需要情報と供給情報を活用することで、ユーザーの利便性・快適性を損なうことなく、大幅な省エネの実現を可能にします。

背景

 家庭部門の消費エネルギーは、図2のように近年増加傾向にあります。
 家庭におけるエネルギー消費の内訳を見てみると、図3に示す通り、約半分が数十度レベルの熱利用の目的で占められています。家庭におけるエネルギー消費の削減として、太陽電池等の自然エネルギーの大量普及が注目されていますが、電気エネルギーの削減だけを推進していくのではなく、家庭用エネルギー消費の約半分を占める熱エネルギーも含めた、電気+熱のトータルでのエネルギーマネジメントが必須であると考えています。
 そこで、大阪ガスでは、高効率で発電し、同時に発生する熱を給湯・暖房に有効利用可能な燃料電池を核とした、スマートエネルギーハウスの開発を進めています。

3電池の最適制御による効果

 電気使用量の少ない深夜時間帯等に蓄電池を充電制御することで、燃料電池の出力を増加させ、燃料電池の発電効率を向上させることが可能になります。蓄電池に充電した電気は、電気使用量の多い夕方から夜間にかけて使用することで、燃料電池で発電した高効率な電気を有効に利用することができます。また、発電と同時に発生する排熱を給湯や暖房に利用することで更なるCO2削減が期待できます。

開発状況

 2010年度に建設した技術評価住宅と居住実験住宅の2つの住宅を用いて、各技術開発課題の評価・検証や社外に情報発信を行っています。

中間報告

居住実験住宅において燃料電池・太陽電池・蓄電池の3電池システムの導入により、年間で90%の節電、106%のCO2排出量削減、30万円の光熱費削減効果を実証しました。(2012年2月1日から2013年1月31日)

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る