このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

都市環境分野へのガス利用(清掃工場・浄水場・下水処理場)

概要

 清掃工場、浄水場、下水処理場でも都市ガスがエネルギーとして使われることが多くなっています。  例えば、清掃工場ではコージェネレーションを活用して高効率発電が行われています。 また、生ごみのメタン発酵施設には、大阪ガス開発の超高温湿可溶化技術でバイオガス発生量を増大できます。
 下水処理場では、都市ガスは焼却炉の助燃として利用されており、また温室効果ガス削減に貢献する汚泥燃料化(炭化)プラントにも利用できます。



本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る