このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

発電機能付きGHP

概要

 当社は、平成15年4月に、小型の発電機を搭載し、冷暖房時のガスエンジンの余力で1kWの発電を行い、その電力を冷却ファンと冷却水ポンプに供給することで、室外機で使用する電力を削減できる発電機付きGHP※1「ハイパワーマルチ」を発売しました。
また、当社は空調と発電を融合させた新しいカテゴリーの商品として、従来の高効率な空調性能に加え、約4kWの高効率発電を同時に行う発電機付きGHP「ハイパワーエクセル」を平成18年4月に発売しました。
 発電した電力により室外機で使用する電力を全て補うことができ、さらに系統連系※2により建物内に電力を供給することで、室内機や電灯などの電力負荷も低減できます。これにより従来のGHPに比べ、さらなる節電、省CO2を実現します。
 さらに、ハイパワーエクセルと太陽光発電のW発電を行う「ソーラーリンクエクセル」や、停電時でも空調・発電運転を可能とする電源自立型GHP「エクセルプラス」、「ハイパワープラス」をラインナップに追加しました。

  • ※1:GHPは、室外機の圧縮機をガスエンジンで駆動し、ヒートポンプ運転によって冷暖房を行うガス空調システムです。
  • ※2:発電設備を電気事業者の商用電力系統に接続して負荷設備に電力を供給すること。


ハイパワーエクセル

  • 1.空調の消費電力ゼロを達成
    約4kWの発電機を搭載し発電電力を室外機の補機動力などに供給することで、冷暖房運転時における室外機の消費電力ゼロを達成しています。
  • 2.建物内への電力供給により、購入電力量および契約電力※3を削減
    発電された最大約4kWのうち約1kWは室外機で消費されるため、建物内に室外機1台あたり最大約3kWの電力の供給が可能です。建物内に供給された電力を室内機や電灯などの電力負荷に利用することで、お客さまの購入電力量を削減できるとともに、契約電力も削減できます。

    ※3:1年間を通じての最大需要電力のこと。契約電力に基づき、電気料金の基本料金が決まる。

  • 3.ガスエンジンの余力を活用した高効率発電システム
    冷暖房運転時にガスエンジンの余力を用いて発電するため、エンジンをより高負荷で運転する事になり、エンジン熱効率が向上します。そのため、発電効率※4は、45%(低位発熱量基準)以上と、国内の火力発電設備の平均的な需要端発電効率約40%※5を上回る高い発電効率を実現しています。

    ※4:室外機内に設置された発電機の発電効率は以下の式により定義します

発電機の発電効率式

※5:火力発電所の平均発電効率から送配電網による需要家までの送電ロスを差し引いた需要端効率。「エネルギーの使用の合理化に関する法律(平成18年4月1日施行)施行規則」より算定。

(ハイパワーエクセルのシステムイメージ)

ハイパワーエクセルと太陽光発電とのW発電システム : ソーラーリンクエクセル

 太陽光パネル用のインバーターとハイパワーエクセル用のインバーターを共有しました。これにより、日射状況により発電が変動する太陽光発電とガスを動力としたハイパワーエクセルを組み合わせ、安定した電力供給効果が期待出来ます。また、工事費用の削減や系統連系手続きの一本化による手間の削減が期待出来ます。

停電時でも空調&照明が使用可能=電源自立型空調GHP

 停電時でも、発電した電力で空調と照明を使い続ける「停電対応システム」としてお客さまに安心をお届けする、画期的なガスヒートポンプエアコンです。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る