このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

オールシーズン対応型調湿換気ユニット

概要

居室空間の空気質改善に対するニーズに対応し、ガス温水やコージェネレーション排熱温水を熱源とする新しい家庭用調湿換気ユニットを開発しています。



特長

デシカントロータ(吸湿材を紙等に担持し、コルゲート加工し、ロータ状に成形したもの)を2段に用い、1台で冷風給気、除湿、加湿を行えるオールシーズン対応可能な新しいシステムです。

今後の取り組み 

吸湿材の材料開発とデシカントロータの設計、プロセスシミュレーションによるシステム最適化、およびプロトタイプでのシステム運転評価等を実施し、早期実用化を目指します。     

図 冷風給気運転時のサイクル

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る