このページの本文へ移動します。

技術分類で見る

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考えています。
そのために、以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

省エネ高効率給湯器 「エコジョーズ」

概要

京都議定書に記された温室効果ガス6%削減(90年比)を達成するため、2002年3月に「地球温暖化対策推進大綱」が改正され、民生部門では2%削減という高い目標設定とともに、取り組むべき地球温暖化予防・省エネルギー推進の最重要項目として「高効率給湯器の普及推進」(トップランナー方式)などが明記されました。
このように給湯器の高効率化は社会的な要請が高く、高効率給湯器導入に対する国の補助金制度も実施されています。給湯暖房用熱源機は、ガスセントラル給湯暖房システムの熱源機としてシャワーや台所などへの給湯・お風呂の追焚と床暖房や浴室暖房乾燥機など暖房機器への温水供給機能を有し、広く市場に普及してきています。給湯や暖房は家庭のエネルギー消費の大半を占めており、これらの省エネルギー化はCO2削減などの環境問題に貢献することから、潜熱回収技術を用いた高効率給湯暖房用熱源機の開発を行いました。

< 製品紹介はこちら >

※潜熱回収とは、排気ガス中の水蒸気を水に戻す(凝縮する)際に出る熱を回収することを言います。



特長

 

高効率の仕組み

1省エネルギー性に優れ、低ランニングコストを実現
従来型機器(非潜熱回収タイプ)の熱効率は給湯時、暖房時とも約80%でした。本機器は燃焼排気ガスの潜熱回収技術により給湯時約95%、暖房時約89%と大幅な高効率化を達成しています。これにより従来型機器比で約13%の省エネルギーとなり、ランニングコストを低減することができます。

2CO2の排出量削減など、環境にやさしい
省エネルギー性の向上により、CO2の排出量を約13%削減できます。また、待機電力を低減させる省電力モードの搭載や低NOx化にも対応しています。さらに発泡スチロールを梱包に使用しない、スチロールレス梱包を採用するなど環境に配慮しています。

3高効率とメンテナンスフリーの両立
潜熱を回収するための二次熱交換器として、耐酸性に優れたステンレス製の「フレキ管式」、「フィン無し水管式」などがあります。また、潜熱回収の際に発生するドレン(酸性凝縮水)の処理は、炭酸カルシウム系天然石を中和剤とした中和器を開発し、中和剤は15年相当の充填量を有し、ほぼメンテナンスフリーを実現しています。

 

4新築集合住宅への普及拡大を目指したドレン処理工法
新築集合住宅向けの潜熱回収型給湯暖房機は2002年度より発売していますが、集合住宅の場合、従来機器では必要のなかったドレン処理用の排水立て管が必要でした。そこで、ドレンを内蔵ポンプによって浴室まで圧送して排水することによってパイプシャフト内の排水立て管を不要としました。このことにより従来機器と同様にパイプシャフトへの設置が容易になり、集合住宅への普及が加速しています。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る