このページの本文へ移動します。

ニーズ別に見る

大阪ガスではお客様目線のニーズ発想で、あらゆるサービス、あらゆる商品について、つねに利用者の利便性や効率化、利益創出に役立つようなソリューション提案と、それに向けた技術開発、研究を心がけています。

識別型ガス検知器

概要

 



開発目的

 大阪ガスでは、可燃性ガス漏洩検知時に早期に漏洩場所と原因を突き止めるため、ガス濃度の測定、およびガスの種類の識別が1台で可能な、識別型ガス検知器を昭和58年に開発し、導入しました。
現在、千数百台保有していますが、(1)濃度測定とガス種類識別をスイッチにより切替えて別々に行う方式であること、(2)単2型乾電池を6本使用するため、電池交換の費用がかさみ、また廃棄物も発生すること、等の問題があります。
 そこでこのような問題点を解決するため、短時間で測定でき、省電力で操作性に優れた新型の「識別型ガス検知器」を開発しました。

開発品の概要

識別型ガス検知器は、すべての可燃性ガスを検知するMセンサと、メタンを除くすべての可燃性ガスを検知するSセンサの2種類の接触燃焼式センサを持ち、サンプリングガスを両センサで同時に測定し、出力を比較することによって、13Aガスか、自然発生のメタンガスか、LPGガスかを識別すると同時に濃度も表示します。ガスの識別は、検知器内蔵のマイクロコンピュータによって行われ、識別結果はデジタルで表示されます。

開発品仕様

検知原理 接触燃焼式、4センサ方式
識別ガス 13A,メタン,LPG,その他可燃性ガス
検知範囲 0〜100%LEL
0〜100%VOL
検知速度 10秒以内(90%応答)
電源 2単2乾電池×4本
重量 約2.0kg
外形 165(W)×86(D)×137(H)mm(突起部除く)
防爆 EXibdIIAT3

特長

主な特長は次のとおりです。

  1. 1.濃度測定と識別が同時にできる
  2. 2.LPG識別時に濃度の自動換算ができる。(%LELレンジ時)
  3. 3.測定濃度範囲が広い
  4. 4.ユーザでセンサ交換ができる
  5. 5.小型軽量で操作が容易
  6. 6.応答速度が早い

販売元

大阪ガスエンジニアリング株式会社

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る