このページの本文へ移動します。

ニーズ別に見る

大阪ガスではお客様目線のニーズ発想で、あらゆるサービス、あらゆる商品について、つねに利用者の利便性や効率化、利益創出に役立つようなソリューション提案と、それに向けた技術開発、研究を心がけています。

インフレーション成形が可能なフィルム用ポリ乳酸系樹脂

概要

これまで当社グループではポリエチレンガス管廃材とPETボトル廃材を複合した新しいリサイクル樹脂材料を開発してきました。
 この技術を応用して、バイオマス(植物)由来材料として注目されているポリ乳酸の改質を行い、ポリ乳酸単独では成形できなかったごみ袋の製造に成功しました。
 この技術により、高効率バイオガス化システムに生ごみを袋ごと投入できるようになるとともに、ポリ乳酸の農業用マルチフィルム、コンポストバッグなどへの適用が可能になります。

背景

 近年、低炭素化材料として、バイオマス由来樹脂であるポリ乳酸が注目されていますが、ポリ乳酸は硬くて脆く、伸びない、強度が弱いという問題点がありました。
 特にごみ袋などの生産に用いられているインフレーションフィルム成形ついては、ポリ乳酸単体では、溶融時の粘度が低く、成形自体が極めて困難でした。

フィルム用ポリ乳酸系樹脂の開発とその特徴

表1  樹脂の基本特性比較(射出成形による)

 硬くて脆いポリ乳酸を、ポリエチレンのPETの相溶化などで培ってきた樹脂改質技術を応用して改質し、インフレーションフィルム成形が可能な樹脂を生み出しました。
 この樹脂は汎用のインフレーションフィルム成形装置で成形することができ、高い植物比率や生分解性を維持しながら、柔軟で高強度なフィルムを製造することができます。
 また、他の生分解性樹脂と比較すると、室温環境下では安定しており、保存可能期間を長くとれるため、フィルム製造のコストダウンも期待できます。

本樹脂を用いた生分解性フィルムの用途

図2 ポリ乳酸系フィルムの分解性

 本樹脂を用いた生分解性フィルムは、当社で開発した超高温可溶化技術(メタソリューション)を用いた高効率バイオガス化システムにおいては1日で分解され、最終的にはバイオガスに転換されます。このことにより、生ごみをごみ袋ごとシステムに投入することができ、ごみ袋の分別・処分が不要になる上、バイオガスの量も増えます。
 また、農業用マルチフィルム、コンポストバッグにおいては、強度が高く、保存性と分解性の両立が可能であるという特徴があります。
 さらに、その保存安定性と成分の安全性から、食品用フィルムや汎用のカタログ袋・ごみ袋などへの応用も可能です。

今後の取り組み

図3 技術の応用例:ポリ乳酸 - バガス複合樹脂

上記の特徴を活かした生分解性フィルムの用途開発を行うとともに、植物由来比率と安定性を活かした非生分解用途、高強度を活かしたフィルム以外の用途(シート成形、ブロー成形、射出成形など)やポリ乳酸と他のバイオマス材料との複合樹脂等にも技術を応用し、従来はポリ乳酸を使用できなかった用途開発を行うことによって、低炭素化社会に貢献していきます。

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る