このページの本文へ移動します。

おいしさLabo(ラボ)

2013年4月、大阪ガス(株)エネルギー技術研究所内に「おいしさ・健康調理ラボラトリー」(おいしさラボ)を設置しました。
食材をどのように加熱すれば、おいしさ&健康性を最大化できるのか?を見つけることを目的に研究しています。

おいしさLabo(ラボ)

第2回 グリルとオーブンはどう違う? 、EPAとDHAって何?

グリルとオーブンはどう違う?

1.グリルの特長

グリルの特長は、「直火(輻射熱)」と「対流熱」の両方による加熱ができることです。居酒屋などで用いられる業務用グリル(下図左)と、家庭用のコンログリル(下図右)の2つの一般的なタイプがあります。いずれも、「直火」で食材の表面をこんがり香ばしく焼き上げながら、高温の「対流熱」が包み込むように加熱するので、旨みをぎゅっと閉じ込めながらすばやく食材に火を通します。焼き肉や焼き魚、焼き野菜等を上手に仕上げることができます。

グリルによる加熱

2.オーブンの特長

四方からの「対流熱」で食品をムラなく加熱できることがオーブンの最大の特長です。オーブンでは、庫内を一定温度に保ちながら均一な焼き上がりを実現します。電子レンジ機能が搭載されたコンビネーションレンジタイプのものもあり、外側はオーブンで、内側は電子レンジで加熱することにより火が通りにくい食材や煮込み料理も短時間で調理できます。

オーブンによる加熱

EPAとDHAって何?

EPAとDHAはn-3系脂肪酸の一種であり、分子構造に脂肪酸の二重構造が多いため、液体状(サラサラ)になります。このサラサラが、下表に示すような効果(赤字)を生んでいます。

EPAとDHAって何?

グリルのレシピ紹介

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

  • オープン・イノベーション 技術シーズの募集
このページのトップへ戻る