このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

大阪ガス 開発者インタビュー

新しい技術、新しい商品サービスを世に送り出すまでには、数々の障壁を乗り越えてきた開発者たちの熱意とエネルギーがあります。
大阪ガスグループのガスエネルギーを支えるもの、それはひとりひとりの人間エネルギーと言うこともできるかも知れません。

第9回 コンパクトタイプ水素製造装置の開発と水素ステーションの建設 都市ガスなどから独自触媒技術でつくった環境にやさしい水素を、FCVへ供給

インタビューを読む

  • エンジニアリング部プロセス技術チーム 
  • 池田耕一郎、村田一彦、清水翼

水素ステーションとは水素版ガソリンスタンドのこと。水素から作った電気で走る燃料電池自動車(FCV)に水素を充填するステーションです。大阪ガスは商用では国内初となる都市ガス改質型の水素ステーション「北大阪水素ステーション」を大阪府茨木市に開所し、今年4月から運用を開始。さらに来年3月の完成に向けて、京都市内で初となる水素ステーションの建設を進めています。
北大阪水素ステーションに導入された、世界トップクラスの高効率を誇るコンパクト水素製造装置「HYSERVE-300」の開発に携わった3名の技術者が、製品誕生に至るまでの開発秘話や、水素ステーションに関する取り組みについて語ります。

  • 第9回 コンパクトタイプ水素製造装置の開発と水素ステーションの建設
  • 第8回 世界初 電池式家庭用ガス警報器「ぴこぴこ」電池式「ぴこぴこ」を実現した夢の技術、超省電力メタンセンサーの開発
  • 第7回  家庭用燃料電池「エネファーム type S」コンパクトで高効率な家庭用燃料電池の開発
  • 第6回  自立運転機能付きガスヒートポンプ(GHP)「エクセルプラス」 震災後の急激に高まったニーズに迅速対応し、わずか1年で開発
  • 第5回  電力不足を乗り切る新しい節電のシステムづくり ガスコージェネレーションシステムによるデマンドレスポンス 電力不足を乗り切る新しい節電のシステムづくり
  • 第4回 スマートエネルギーハウス 我慢しないで省エネができる快適な暮らしをめざした居住実験
  • 第3回 ユニバーサルデザインコンロ「Udea」お客さまとの対話から本当の使いやすさを追求した、モノづくり
  • 第2回 超高温可溶化技術(メタソリューション)と生分解性ごみ袋の開発 生ごみ“まるごと”バイオガスの普及をめざして
  • 第1回 家庭用燃料電池「エネファーム」 「世界標準」をめざして、家庭用燃料電池の開発に挑む インタビューを読む

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る