このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

第10回 エネファームIoTシステムの開発

第10回 エネファームIoTシステムの開発  前人未到、ガス機器のクラウド接続がIoTの先駆的成功事例に機を捉え、柔軟な発想でブレークスルーを果たした開発チームの執念
  • リビング事業部 商品技術開発部 スマート技術開発チーム
  • 八木政彦、鈴木智之、髙溝将輝、青木拓也

2016年4月に発売した、世界最高の発電効率と世界最小サイズを実現した次世代家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファームtype S」。この機器にはもう一つ、オンリーワンの最先端テクノロジーが搭載されました。それはエネファームを「クラウドサーバ」に接続する機能です。これにより、大阪ガスが各家庭のエネファームの運転状況を遠隔から見守り、万が一の故障発生時には迅速な対応を提供できることに。さらにスマートフォンアプリによって、外出先からの“ガス機器操作”や“エネルギーの見える化”を実現しました。
着想からわずか2年という期間でこの「エネファームIoT(=Internet of Things)システム」をゼロから立ち上げた開発チームの皆さんに、その苦労と成果について、語っていただきました。

エネファームIoTシステムが実現したこと

2016年4月発売のエネファームから始まった遠隔見守りサービス。このサービスについて概要を教えてください。

髙溝 2009年に初代モデルを発売したエネファームは化学プラントのような複雑なシステムを家庭用の小型ユニットにシステム化させることで実現した機器です。そこで、この高機能なシステムをお客さまが安心してお使いいただけるよう、初代モデルの発売以来、修理・メンテナンス時の対応品質をもっとレベルの高いものにしていきたいという思いがありました。

鈴木 従来のメンテナンスでは現場でエネファームにメンテナンス用パソコンを接続し、燃料電池内部のセンサー値や運転データを取得して解析する。このような手順でエラーの原因を特定していました。でもこれだと現場での作業に時間と労力がかかり、メンテナンス担当者だけでなくお客さまにも負担を多くかけてしまうことになっていたんですね。

八木 業務用では以前から機器を遠隔監視するシステムもありましたが、家庭用ではコストが高く、なかなか実現し難い状況でした。その後スマートフォンや無線LANルータが普及したこと、無線LAN通信部品のコストが下がってきたことから、台所リモコンに無線LAN通信の部品(モジュール)を組み込めば、これまでのリモコンと見た目も施工性も変えずに遠隔見守りのサービスが提供できるのではないかと思いつきました。

鈴木 遠隔見守りサービスで一番大きな効果は、エネファームでエラーが発生したら大阪ガスのコールセンターがお客さまより先にエラーに気づいて、いち早くメンテナンスを手配できるようになったことです。これによって従来よりも早期の対応が可能になり、お客さまにはさらに安心してエネファームを使っていただけるようになりました。また、メンテナンス担当者も現場へ行く前にエラー発生原因の診断を行い、現場での滞在時間を短く済ませられるようにしています。

八木 メンテナンス業務とIoTシステムの親和性に気付き、既存のメンテナンス業務フローの中にIoTシステムをうまく落とし込む事ができたのが重要なポイントです。具体的には、お客さまにお電話するコールセンターと実際に修理するメンテナンス店がこの仕組みをどのように使っていくか、開発段階からメンテナンス部署と協力して検討を進めました。

《エネファームIoTシステム概要》

エネファームIoTシステム概要

このシステムの開発にあたって、チームのみなさんはどのような役割を果たされたのでしょうか?

八木 私はチームのマネージャーをやっていまして、開発の予算・計画や進捗管理など全体のマネジメントですね。このシステムの開発には企画段階からプロジェクトとしての立ち上げ、社内外のコンセンサス、業務フローの構築などに関わってきました。

鈴木 私はチーフとしてエネファームの通信機能、サーバ、スマートフォンアプリ開発の統括、および技術的な仕様の検討をやらせてもらっています。

髙溝 私は担当として、ガス機器メーカー様との調整、エネファームが接続するサーバの開発・運用を大阪ガス側のPM(プロジェクトマネージャー)として、システムベンダーのオージス総研様と調整しています。また社内に提供しているメンテナンスシステム「GEORGE」の新規開発、関係部署との調整やリリース後の技術支援を担当しています。

青木 私はスマートフォンアプリの開発を主に担当しています。まずアプリを作るというところもそうですし、リリース後もお客さまにとってアプリがより使い勝手のよいものになるように継続して調整を行っています。

開発スタートは、世の中にIoTが普及する前から

開発者インタビュー インデックスページ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る