このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

第9回 コンパクトタイプ水素製造装置の開発と水素ステーションの建設

第9回 コンパクトタイプ水素製造装置の開発と水素ステーションの建設 都市ガスなどから独自触媒技術でつくった環境にやさしい水素を、FCVへ供給
  • エンジニアリング部プロセス技術チーム 
  • 池田耕一郎、村田一彦、清水翼

水素ステーションとは水素版ガソリンスタンドのこと。水素から作った電気で走る燃料電池自動車(FCV)に水素を充填するステーションです。大阪ガスは商用では国内初となる都市ガス改質型の水素ステーション「北大阪水素ステーション」を大阪府茨木市に開所し、今年4月から運用を開始。さらに来年3月の完成に向けて、京都市内で初となる水素ステーションの建設を進めています。
北大阪水素ステーションに導入された、世界トップクラスの高効率を誇るコンパクト水素製造装置「HYSERVE-300」の開発に携わった3名の技術者が、製品誕生に至るまでの開発秘話や、水素ステーションに関する取り組みについて語ります。

水素製造装置開発の礎となった独自の触媒技術

大阪ガスのエンジニアリング部とは、どのようなお仕事をされている部門でしょうか。

池田 エンジニアリング部では、LNG液化基地などの上流分野からLNG基地、パイプラインの監視など都市ガスを供給するまでの一連の設備に関する全社のエンジニアリング部という立場で技術的なサポートをしています。このほか、エネルギーをいかに効率的に使うかというエネルギーネットワークへの取り組みや、私たちプロセス技術チームのように、環境にやさしい技術開発などの取り組みも行っています。

プロセス技術チームのミッションと、みなさんが携わっておられるお仕事内容について教えてください。

池田 プロセス技術チームのミッションは、環境にやさしい「新たなビジネスを創る」ことです。現在、私のグループでは水素エネルギーに関する仕事をしており、都市ガスから水素を作る「HYSERVE」という装置の開発や、走行時に水しか排出しない究極の環境対応車である燃料電池自動車に対して水素を供給する水素ステーションの建設などを担当しています。

そのほか、プロセス技術チームではどのような技術開発を行っておられるのでしょうか。

池田 従来、生物処理ができずエネルギーをかけて燃焼処理していた高濃度有機廃水を弊社の触媒技術で水処理しながら、有機物からメタンガスを取り出す技術である水熱ガス化プロセスを開発しています。燃焼に必要なエネルギーは使わず、逆に有機物を含む排水からメタンというエネルギーを取り出すことが可能になりました。この技術は、すでに商用レベルに達しており、実際の工場にて大規模の実証装置が動いています。そのほか、吸着剤を用いて低濃度メタンを濃縮する技術を活用し、これまで利用することが難しかった炭鉱メタンの濃縮装置やバイオガスの精製装置の開発を行っています。

今回のテーマは「水素」。大阪ガスと水素って、意外な組み合わせのような気がしますが、どのような関わりがあるのでしょうか。

清水 現在、当社では、天然ガスにLPGを加え熱量調整し、みなさまのご家庭に都市ガスとしてお送りしていますが、随分以前は石炭やナフサなどを原料に用いて、化学プラントで都市ガスを製造し供給していました。メタンや水素を含んだガスを作る際、触媒技術が必要で、そのため、昔から大阪ガスは独自の触媒技術に磨きをかけてきました。1970年半ば、天然ガスの輸入を開始した頃には、石炭やナフサなどから天然ガスと同じようなメタンを主成分とするガスを製造する代替天然ガス製造プラントの開発・実用化を行っていました。

代替天然ガス製造プラントから水素製造装置へ。どのような経緯で水素製造装置を開発されることになったのですか。

清水 海外から天然ガスが安定して輸入できるようになってくると、代替天然ガス製造プラントは必要なくなってきましたが、逆に天然ガスの利用技術として、同じような触媒プロセスで、天然ガスから水素を製造するプロセスのニーズが高まってきました。工場用の水素製造装置「OGHH(Osaka Gas High-purity Hydrogen)」や燃料電池用改質装置などです。今回ご紹介する「HYSERVE」もこれらのプロセスと兄弟のようなプロセスです。実は、昔から大阪ガスと水素は切っても切れない関係があったのです。

大阪ガスにおける改質プロセス開発の経緯

コンパクトタイプ水素製造装置「HYSERVE-300」開発への挑戦

開発者インタビュー インデックスページ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る