このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

第8回 世界初 電池式家庭用ガス警報器「ぴこぴこ」

第8回 世界初 電池式家庭用ガス警報器「ぴこぴこ」電池式「ぴこぴこ」を実現した夢の技術、超省電力メタンセンサーの開発
  • エネルギー技術研究所 
  • [副理事]エグゼクティブリサーチャー 大西久男(理学博士)
  • 表面科学チーム[副課長]野中篤

「ぴこぴこ」は、万一のガス漏れや不完全燃焼による室内での空気の汚れを検知し警報する家庭用ガス警報器。発売以来、改良を重ね、たくさんのご家庭に安心・安全をお届けしてきました。
これまで蓄積してきた技術の粋を集め、16年もの月日をかけて挑んできた電池式「ぴこぴこ」用ガスセンサーの開発プロジェクト。次々と立ちはだかる難問をどのように解決したのか、夢の技術をなぜ実現できたのかなど、製品誕生までの開発秘話を2名の開発者が語ります。

社会のニーズから生まれた、高性能な家庭用ガス警報器

「ぴこぴこ」が誕生した頃は、まだ、おしゃべりする警報器って珍しかったのでは。

大西 「ぴこぴこ」の発売は1980年。初代「ぴこぴこ」はガス漏れを検知すると「ピッピッ」と鳴るだけでしたが、その後、様々な家電製品の発する電子音と区別しやすくするため、「ガスが漏れていませんか?」という音声で警報をお知らせするようになりました。当時はまだ、しゃべる機器や家電製品は珍しかったのですが、音とメッセージでお客さまに注意を促すという先進的な機能を当社ではいち早く取り入れました。

電池式「ぴこぴこ」は電源コードがなくなり、すっきりしたデザインに。現行機の課題はどのようなことでしたか。

大西 現行機の「ぴこぴこ」はガスを検知するセンサーの消費電力が大きく、AC100V電源が必要です。また、都市ガスは空気より軽いため、天井の近くに取り付けないといけません。「ぴこぴこ」の販売を始めた頃は、台所の天井近くに換気扇用コンセントのあるお宅が多かったのですが、換気扇のビルトイン化が進み、コンセントは床の近くにしかないお宅が増えたため、特に壁掛けタイプにおいてはコードを床上付近から天井近くまで配線しないといけないお宅が増えたということが一番の課題でした。そのようなことから、「電源コードが邪魔なので、無くせないのか」とのお声が強くなってきました。

見栄えの悪さから「ぴこぴこ」の取り付けを見送られるお客さまが多かったということですね。

大西 特に、新築やリフォームされたお宅だと「せっかくのきれいな新居のキッチンに見栄えの悪いコードを壁にはわせるのは避けたい」と「ぴこぴこ」の取り付けを躊躇されるご家庭も多いと聞いています。やはり、そのような理由でお客さまの安心・安全を守る「ぴこぴこ」を取り付けることができないというのは、ガスサービスをお届けする私たちとしてとても残念なことですから。私たちは取り付けをしやすくするための技術研究に取り組むなど、常に時代のニーズに合った製品をお届けしています。電池式「ぴこぴこ」も「ユーザースタンスで物事を考える」という当社の基本姿勢から誕生した画期的な新製品なんです。

35年もの歴史がある「ぴこぴこ」ですが開発の背景としてどのようなことがあったのでしょうか。

大西 昭和50年代、一般住宅の窓材にもアルミサッシが使われるようになったことで住宅の高気密化が急速に進み、わずかなガス漏れによっても室内にガスが滞留する懸念が社会的にクローズアップされました。このような経緯から、集合住宅業界の一部では「目に見えないガス漏れが自動的にわかるような装置がないと心配」、「ガスは危ないから使わないほうがいいのでは」というような話まであったようです。

(右)世界初の電池式家庭用ガス警報器 (左)従来機

これを受けて大阪ガスでは家庭用ガス警報器の研究開発に着手されたのですね。

大西 他社さんがマイコンメーターによる間接的ガス漏れ検知技術に取り組んだのに対し、大阪ガスでは実際にガスが使われている場所でガス漏れを直接検知する警報器の実用化に注力し、研究開発をスタートさせました。このことが今回ご紹介するガスセンサー技術開発のきっかけとなりました。私たちは、当時実用化されつつあったLPGガス用警報器を参考に、都市ガスの主成分であるメタンを検知するセンサーの技術開発を始め、1980年に初代「ぴこぴこ」を発売しました。その後も、ガスセンサーのガス検知や性能変化のメカニズムを突き止めたほか、長寿命化を目指して性能保証期間を3年から5年に改良するなど業界を先導する研究開発を推進してきました。

省電力化への挑戦と、失敗から生まれた偶然の発見

開発者インタビュー インデックスページ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る