このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

第4回 スマートエネルギーハウス

第4回 スマートエネルギーハウス 我慢しないで省エネができる快適な暮らしをめざした居住実験
  • エンジニアリング部
  • スマートエネルギーハウス推進室
  • 山下 真

いま、家庭でのCO2排出量削減と便利で快適な暮らしを両立させる「スマートエネルギーハウス」の開発が進んでいます。2011年2月から開発者自らが家族とともに暮らし、省エネ性、利便性、快適性を検証する居住実験が始まりました。今回は、開発の主担当であり、居住実験住宅の居住者でもある山下さんに、燃料電池・太陽電池・蓄電池の3電池システムと先進の住宅設備を集めた「スマートエネルギーハウス」での暮らしぶりについて尋ねました。

自ら暮らしながら試作システムの効果検証・改良を行う

奈良県の王寺にある居住実験住宅は、延床面積約140m2の4LDK。私と妻と幼稚園に通う息子の3人で暮らしています。この居住実験住宅は、このような次世代型住宅の普及が見込まれる2015年頃の新築住宅を想定しており、これに見合った住宅断熱性能を備えるとともに、現状最新の省エネ家電や節湯機器を導入しています。特にこの居住実験住宅のエネルギーシステムの中心となるのが燃料電池、太陽電池、蓄電池を組み合わせた3電池システム。今回の居住実験では、3電池の最適制御やエネルギーの見える化等によりどの程度の導入効果があるか検証を行うとともに、課題の抽出や改良を随時行っています。また、このような省CO2と快適性を両立させる暮らしを目指すにあたり、積水ハウス株式会社様からハウスメーカーとしてのご知見やご意見をいただきながら共同で評価を進めています。

居住実験住宅のモニターに、私が選ばれたのは、想定していた家族構成に比較的近く、さらに開発の主担当であり、以前も大阪市内の上本町にある未来型実験集合住宅「NEXT21」に住んでいた経験があるからです。息子の友達も遊びにやって来る、夜更かしもする、暑さや寒さを我慢せずに快適に過ごす、そんなごく普通の暮らしを送りながら居住実験を進めています。

2015年頃の新築住宅を想定(断熱性・省エネ家電・節湯機器等)

3電池を活用しエネルギーを最適にマネジメント

開発者インタビュー インデックスページ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る