このページの本文へ移動します。

開発者インタビュー

研究開発は最も重要な差別化戦略の一つです。
以下に紹介する、さまざまな新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいます。

第2回 超高温可溶化技術(メタソリューション)と生分解性ごみ袋の開発

第2回 超高温可溶化技術(メタソリューション)と生分解性ごみ袋の開発 生ごみ“まるごと”バイオガスの普及をめざして
  • エネルギー事業部 エネルギー技術部
  • 環境・燃焼技術チーム 課長 坪田潤
  • エネルギー技術研究所 副課長 阪本浩規

超高温可溶化装置(京都バイオサイクルプロジェクト)

バイオマスとは生ごみや下水汚泥などの生物由来の有機資源。メタン発酵させることで可燃性ガス(バイオガス)が発生します。大阪ガスでは、環境保全と経済性を両立させる再生可能エネルギーとして、このバイオガスの製造技術開発と有効活用に取り組んできました。その成果の一つとして、平成21年に生ごみ袋で収集した生ごみとごみ袋の“まるごと”バイオガス化を開発し、それ以降、全国のごみ処理工場におけるバイオガス化プラントの採用促進を図っています。
今回は2つの異なる専門分野から、このプロジェクトに関わった2名の技術者に話を聞きました。

メタン発酵を支える「好熱菌」を探して温泉めぐり

生ごみのバイオガス化の研究に本格的に着手したのは平成12年頃からです。もともとバイオガス化の処理システムは、生ごみ袋を粉砕機や分別機にかけた後、中身をメタン発酵槽内に入れて、嫌気性微生物の作用でバイオガスを発生させていました。しかし現状の技術では十分に生ごみが分解できず、残渣や排水の処理にコストがかかるのが課題でした。

どうすればより効率の高いメタン発酵が実現できるか。検討の結果、私たちは超高温微生物に着目しました。従来のメタン発酵は30℃〜55℃の温度帯で行われていましたが、80℃付近の高温下で活動する「好熱菌」を利用すれば、発酵効率が高まるだろうと考えたのです。
好熱菌は生命の起源に近いといわれる古細菌の一種で、温泉の泉源などに生息しています。そこで私たちは国内各地の温泉地に出かけていってサンプルを採取し、どの種がメタン発酵に適しているのか調査研究を続けました。しかしその後、意外な事実が判明します。われわれが探していた好熱菌は「嫌気性」といって酸素に触れない環境で生息する種類なのですが、何とメタン発酵槽内にも同様の好熱菌が存在していたのです。温泉地で探さずとも同じ生育条件が整っていたわけです。まさに「灯台もと暗し」。これでプロジェクトは一気に弾みがつきました。
(環境・燃焼技術チーム 坪田)

バイオ技術を駆使した「高効率メタン発酵システム」へ

開発者インタビュー インデックスページ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

ページトップ

このページのトップへ戻る