NOBY-WEB

NOBY-WEB TOP

NOBY T&F CLUB

特定商取引法に基づく表示・会員規約

NOBY T&F CLUB TOP

特定商取引法に基づく表示

事業者名称 大阪ガス株式会社
管理運営者(業務責任者) 柏原 忠明
住所 大阪府大阪市中央区平野町四丁目1番2号
商品内容 NOBY T&F CLUBトレーニングプログラムの提供
開講日 各コースのページをご参照ください。
会費及び支払方法
  • 小学生A(今津)、小学生B(今津)、アスリート、一般
    5,400円/月
  • 小学生A(森ノ宮)、小学生B(森ノ宮)
    6,480円/月
  • アスリートアドバンス
    8,640円/月
  • 長距離
    7,560円/月
  • 会員指定の銀行口座より毎月28日
    (金融機関が休業日の場合は翌営業日)引き落とし
各コースのページをご参照ください。
入会金
  • 小学生A(今津)、小学生B(今津)、アスリート、一般
    5,400円
  • 小学生A(森ノ宮)、小学生B(森ノ宮)
    6,480円※
  • ※サテライト開催、駐車場使用可
  • アスリートアドバンス
    8,640円
  • 長距離
    7,560円

会員規約

NOBY T&F(ノビィトラック&フィールドクラブ)会員規約

第1条(名称)
本クラブの名称は、NOBY T&F CLUB(ノビィトラック&フィールドクラブ。以下「本クラブ」という。)とする。
第2条(事務局)
本クラブの事務局を大阪市中央区平野町4-1-2「大阪ガス株式会社 近畿圏部」に置く。
第3条(目的)
本クラブは、地域の青少年の健全な心身の育成を図り、地域社会のスポーツ振興に寄与すること、また、陸上競技における技術・体力をさらに向上させようとする者に対しては、その支援を行うことを目的とする。
第4条(本クラブへの入会資格)
本クラブに入会を希望する者(以下「入会希望者」という。)は、以下の各号に記載するすべての条件を満たしていなければならない。なお、入会希望者が未成年者である場合は、入会希望者の保護者においても1の条件を満たさなければならない。
  • 本クラブの趣旨・目的に賛同し、本規約および本クラブが定めるその他の規則・事務局が定める運営ルールを遵守できる者。
  • 医師から激しい運動を禁じられていない健康状態にある者。
  • 入会希望者が未成年者である場合は、その保護者が本クラブへの入会およびプログラムへの参加に同意している者。
  • コースごとに定める対象年令、その他の条件を充たす者。
第5条(本クラブへの入会手続)
入会希望者は、本クラブ所定の入会申込書及び同意書に全ての必要事項を記入し、入会希望月の前月の20日までに、本クラブに入会を申し込むものとする。
本クラブは、入会希望者が前条に規定する入会資格を満たしているか審査のうえ、入会を承認するものとする。なお、入会希望者が本クラブ所定の定員を超過した場合は、入会資格を満たす者であっても入会を承認できないことがある。
本クラブが入会を承認した者を、本クラブの会員(以下「会員」という。)とする。
第6条(会費)
会員は、本クラブに対し、別に定める入会金および月会費(消費税等相当額を含む。以下「会費」という。)を支払わなければならない。
第7条(会費の支払方法)
会員は、前条に定める会費を、以下に指定する口座振替の方法により本クラブに支払うものとし、本クラブ所定の銀行口座振替申請用紙に必要事項を記載し、所定の期日までに本会に提出しなければならない。なお、会員は会費の集金業務を本クラブ指定の集金代行会社である大阪ガスファイナンス株式会社が実施することにつき、予めこれを承諾する。

口座振替(銀行口座からの自動引落)による支払い

入会金および入会月と入会翌月の月会費については入会月の翌月28日、以降の月会費は毎月28日(28日が金融機関休業日の場合はその後の最初の営業日)に引き落すものとする。

第8条(会費の不返納)
本クラブは、会員が一旦納入した入会金、月会費は、次の各号に該当する場合を除いて理由の如何を問わず返金しないものとする。
  • 第12条の規定により本クラブを中途退会する場合または第15条の規定により会員資格を取り消された場合であって、銀行口座からの引き落とし業務の停止手続に日数を要することにより、退会月または会員資格取消日の属する月の翌月以降の月会費が引き落とされた場合。
  • 第10条第2項の規定によりプログラムの開講が中止された場合であって、暦月(毎月1日から末日まで)1ヶ月の間、プログラムが開講されなかった場合(開講日の変更により、別の月に開講日が振り替えられた場合は本号に該当しない)。
第9条(会費の滞納)
会員が会費の納入を怠ったときは、本クラブは、本教室の指導を停止し、または退会させることがある。
第10条(指導の回数・期間)
プログラムの開講日、期間、時間、回数等については、コースごとに定めるものとする。
前項の規定にかかわらず、本クラブは、止む得ない事由が発生した場合は、プログラムの開講日および開講時間を変更し、または中止することがある。この場合、本クラブは1週間前までにホームページ(大阪ガス株式会社のホームページ(トップページ))からアクセスできる本クラブのホームページに掲載する方法またはその他の方法で連絡するものとするが、災害等の緊急事態発生時はこの限りではない。
第11条(健康管理)
会員が下記各号のいずれかに該当する場合、ただちにその旨を本クラブに届け出て、プログラムの欠席、本クラブの休会または中途退会など必要な措置を取るものとする。なお、3については会員が同居する家族等が該当する場合も含む。
  • 心臓疾患、肝臓疾患等、医師から激しい運動を禁止される病気に罹患した場合
  • 37度以上の発熱がある場合
  • 結核、赤痢、コレラ、腸管出血性大腸菌感染症、百日咳、インフルエンザ、はしか、風疹、水ぼうそう、おたふく風邪、結膜炎等の伝染病または集団感染しやすい病気に罹患している場合、もしくは罹患の疑いがある場合
本クラブは、会員の健康状態の異常を発見した場合、必要に応じて会員に対してプログラムを休むことを勧告することがある。
第12条(会員の遵守事項)
会員は次の事項を厳守しなければならない。
  • 明るく楽しく元気良く行動すること。
  • 運動を行うに適した健康状態であること。
  • 時間を守ること。
  • プログラムを無断で休まないこと。
  • スポーツ傷害が起こった場合、必ず本クラブへ連絡し、本クラブの指示に従うこと。
  • 本クラブ施設の利用に際しては、施設利用に関する諸規則及び施設管理者ならびに本クラブコーチ等の指示に従うこと。
第13条(中途退会)
会員は、各プログラムにおいて定められる会期(通常は4月1日から翌年3月末日まで)の終了時期までプログラムに参加することを原則とするが、第10条に基づく場合その他やむをえない事由が生じた場合は本クラブを中途退会することができる。
中途退会を希望する会員は、退会届を退会希望月の20日必着で、本クラブに提出しなければならない。この場合、会員は、退会月の末日をもって本クラブを退会し、会 員資格を喪失するものとする。
本クラブは、退会月の翌月以降の月会費を徴収しない。
第14条(継続)
会員は、1年間のプログラムの終了後、4月に開始する翌年度のプログラムに継続して参加するものとする。ただし、会員が1月31日までに参加を継続しない旨を申し出た場合、または4月1日時点で参加資格を満たすコースが存在しない場合はこの限りではない。
第15条(コース・曜日変更、コース追加)
会員は、コース・曜日変更、コース追加を希望するときは、コース・曜日変更届、コース追加届を、コース・曜日変更、コース追加希望月の前月の20日必着で、本クラブに提出しなければならない。
本クラブは、会員からのコース・曜日変更届、コース追加届を受理した場合は、コース・曜日変更、コース追加の可否を検討し、速やかに当該会員に検討結果を連絡することとする。また会員はその結果を受容するものとする。
第16条(休会)
会員は、1か月以上休会するときは、休会届を休会希望月の前月の20日必着で、本クラブに提出しなければならない。
本クラブは、暦月(毎月1日から末日まで)1ヶ月の間、休会が継続する月については、月会費の徴収を行わないものとする。
休会期間は、連続6ヶ月を超えてはならず、超えた場合は、自動的に退会し、会員資格を喪失するものとする。
第17条(会員資格の取消し等)
本クラブは、会員が以下の各号の一にでも該当する場合、本クラブへの入会承認もしくは会員資格を取消し、またはプログラムへの参加を断ることができる。
  • 入会を承認された後、所定の期日までに入会金を支払わない場合
  • 3ヶ月分の月会費を滞納した場合
  • 入会申込書に虚偽の事実を記載し入会承認を得た場合
  • 第4条に定める入会資格を満たさない状態となり、プログラムへの参加継続が不適当であると本クラブが認めた場合
  • その他、スポーツマンシップに反する行動を繰り返す、本規約に違反する等、本クラブの会員としてふさわしくないと認めた場合
第18条(事故の責任等)
会員においてプログラム参加中または本クラブ施設の利用中に人的または物的事故が生じた場合、本クラブは、本クラブに重大な過失がある場合を除いて一切の損害賠償責任を負わないものとする。
本クラブは、会員に対してスポーツ安全協会の傷害保険を付保するものとする。会員においてプログラム参加中に傷害が発生した場合は、同傷害保険に基づく保障が行われるものとする。
第19条(会員等情報の管理)
本クラブは、入会申込書に記載された入会希望者の住所、氏名、連絡先、既往症等の個人情報(入会希望者の保護者に関する個人情報も含む。)を、本クラブへの入会審査および審査結果連絡の目的でのみ管理、使用することができる。
本クラブは、本クラブの運営を通じて取得する会員の住所、氏名、連絡先、既往症等の個人情報(会員の保護者に関する個人情報を含む。)を、本クラブの運営に必要な範囲でのみ管理、使用し、または第三者に提供(保険付保のための手続等)することができる。
第20条(規約の改正)
本クラブは、本規約を随時改正することができる。
改正後の本規約については、本クラブホームページ上に掲載する。
第21条(施行)
本規約は、2017年11月01日より施行する。

改訂:2011年02月21日
2013年10月01日
2015年08月10日
2016年04月01日
2017年11月01日

| NOBY-WEB TOP | トップアスリート対談 | トップアスリートのスポーツコラム | NOBY T&F CLUB | 活動レポート | 今週のSPORTS クイズ! | よくあるご質問 |

このページのトップへ戻る