大阪ガス実験集合住宅 NEXT21

C 停電時自立システムの構築

ガスコージェネレーションシステムを活用し、省エネルギーと両立する停電時自立システムを構築します。

共用部の停電対応ガスエンジンコージェネレーションと戸別SOFCの組み合わせ(地下〜5階)

停電時に共用部のガスエンジンコージェネレーション(ジェネライト31kW)が自立運転し、住棟内に電力を供給します。
これにより3階〜5階の各住戸のSOFCは、自立運転機能がなくても発電(700W)可能な状態となり、利用可能な電源を積上げで確保することができます。

自立運転機能付きの家庭用コージェネレーションの戸別設置(6階)

6階の各住戸の家庭用コージェネレーションは、停電時も発電可能な自立運転機能付きのタイプを採用しています。

ページトップへ

このページのトップへ戻る