総合TOP>企業情報 > 取り組み・活動 > 大阪ガスグループ福祉財団 > 財団について

公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団

【財団について】ご寄附のお願い


 当財団は、大阪ガス株式会社の創業80周年を記念して、大阪ガス株式会社ならびにガスグループ各社が出捐し、昭和60年10月に設立され、平成22年10月には、公益財団法人に移行いたしました。
活力あふれる長寿社会を実現するため、高齢者を対象にした福祉活動や調査・研究への助成活動ならびに高齢者の健康の維持・増進を目的とした健康づくり事業を推進し、これらの活動を通じて、地域の高齢者の福祉の向上に役立ちたいと活動を実施しております。
 財団の運営は、基本財産の運用益と寄附金で成り立っています。昨今の低金利による財団の運用益の減少の中、当財団の活動を継続していくため、私どもの事業にご賛同いただける個人の皆様のご寄附をお願い申し上げます。


財団の事業概要

◆助成事業

(1)高齢者福祉助成
高齢者を対象とする地域福祉活動や高齢者の社会参加支援活動等に助成しています。
(2)調査・研究助成
高齢者の福祉の向上や健康の維持・増進を目的として、福祉施設や病院、大学その他の研究機関で進められている調査や研究に助成しています。

◆健康づくり事業

健康や食に関する情報提供や、身体活動・運動に取り組むきっかけづくりを実施しており、特に『健康の集い』は、高齢者の方々の生活拠点に出向いて、健康に関する講話や実技指導を実施しています。

http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/fukushi/index.html


税法上の優遇措置が受けられます

当財団は公益財団法人ですので、所得税法および租税特別措置法においては「教育又は科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与するもの」に該当します。
従いまして、当財団に寄附いただいた際には、所得税の確定申告により「寄附金控除」の優遇を受けることができます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1266.htm

また、相続税に置いても、同様に公益財団法人への寄附は優遇措置をうけられます。相続税の申告期限までに、相続財産から当財団に寄附いただいた場合には、その寄附された財産の価値(当該金額)は相続税の計算対象に含めないことが認められております。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4141.htm

ご寄附をいただく際には、当財団の『寄附金取扱い規程』を一読ください。

ご寄附のお手続き

当財団は、公益財団法人であるため、ご寄付をいただいた際に必ず領収証を発行しております。このため、領収証発行に必要な情報を事前にご連絡いただ きますようお願い申し上げます。

1.事前のご連絡について
ご寄附の申入れの連絡用紙に項目をご記入いただき
FAX:06-6203-1028 か
メール:og-hukushi@osakagas.co.jp
まで、事前にご連絡をお願いします。
(電話:06-66205-4686)
公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団
2.振込みいただく場合の銀行口座は
三菱東京UFJ銀行 大阪中央支店
普通預金口座 3085360
口座名:ザイダンホウジンオオサカガスグループフクシザイダン


お問合せ先:公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団 助成事業部 堀口まで
電話:06−6205−4686

このページのトップへ戻る
企業案内
会社概要
事業内容
ごあいさつ
企業理念
中期経営計画
組織図
役員
所在地一覧
沿革
資材購買
大阪ガス
グループの現状
環境性・先進性
コンセプトワード
大阪ガスグループ
グループ会社の事業内容
グループ会社一覧
IR情報
経営ビジョン・経営計画
個人投資家の皆さまへ
業績ハイライト
IR資料・決算資料
株式・株主情報
よくあるご質問
採用情報
大学(院)卒採用
高専卒採用
キャリア採用
障がい者採用
(大阪ガス)
障がい者採用
(グループ会社)
インターンシップ
情報
グループ会社採用
大阪ガスグループのCSR
トップコミットメント
事業を通じた
社会への貢献
大阪ガスグループの
経営とCSR
レポートダウンロード
取り組み・活動
経営効率化目標について
安全と防災
お客さま満足向上を目指して
次世代育成支援対策
プレスリリース
技術開発
技術分類で見る
ニーズ別で見る
おいしさLabo(ラボ)
開発者インタビュー
技術開発費用および
知的財産取得状況
オープン・イノベーション