このページの本文へ移動します。

大阪ガスについて

環境への取り組み

天然ガスはクリーンエネルギー

天然ガスとは

■ 天然ガスは安全面、環境面においても優れたエネルギー源 ● 天然ガスとは

・メタン(CH4)を主成分とする天然の可燃性ガスで無色無臭

● 天然ガスの性質

・空気よりも軽いため、万が一漏洩しても上方に拡散するため、安全性に優れている
・他の化石燃料と比較して、CO2、NOx、SOxの排出量が少ない

環境性

同じ熱量のエネルギーを得るのに出るCO2の量は、少ない方から順に天然ガス < 石油 < 石炭
燃料を、石油・石炭から天然ガスに変えることで、CO2排出を減らすことができる。

化石燃料の燃焼生成物等の発生量比較(石炭を100とした場合)

  • CO2
  • NOx
  • SOx
出典 CO2:火力発電所大気影響評価技術証明調査報告書1990.3/エネルギー総合工学研究所    NOX、SOX:「IEA(国際エネルギー機関)Natural Gas Prospects to 2010」(1986)

天然ガス埋蔵国と大阪ガスの天然ガス調達先

天然ガスの確認埋蔵量の地域構成

大阪ガスのLNG調達先

年間約800万トンを主に7カ国からの長期契約で調達。2013年からは新たにパプアニューギニアからも調達予定

大阪ガスのLNG調達先

都市ガスとしてお届けするまで

ガス田からお客さまに届くまでの流れ

受入基地(製造所)で荷揚げされたLNGは気化、熱量調整、付臭後に送出一部はLNGのまま内航船やローリー等で出荷されたり、発電所の燃料になる。

ガス田からお客様に届くまでの流れ

ガスの可採年数

可採年数は63年と石油よりも10年以上長く、中東依存度も軽減されている

天然ガスの地域別確認埋蔵量構成比と可採年数

〈単位:%〉
天然ガスの地域別確認埋蔵量構成比と可採年数

近年、北米におけるシェールガス開発進展により、埋蔵量は大幅に増加する見込み(100年以上)
出典:資源エネルギー庁 エネルギー白書2011

都市ガスの用途

家庭用中心であったが、高度成長とともに産業用需要が大幅に増加

都市ガス販売量の推進

都市ガス販売量の推進

低炭素社会に向けて

継続的に社会全体のCO2排出量を削減していきます。
低炭素社会に向けて

保安の取り組み

24時間、365日万全な保安体制
保安の取り組み

大阪ガスの中央保安指令部は、都市ガスの安定供給のために、コンピューターによる日々の総出量予測、製造計画を行い、泉北製造所をはじめとする2つの製造所へ製造量指令を行っています。さらにガスを必要に応じて貯蔵・供給するなどガスホルダーを無線で操作するなど、需要の変動に対応した確実で効率的なコントロールをしています。