Greenhouse Gas(温室効果ガス)の略。大気中に存在する気体の中で、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらすものの総称です。2013年以降の京都議定書第二約束期間において、二酸化炭素、メタン(CH4)、一酸化二窒素、ハイドロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄、三フッ化窒素の7種類が削減対象の温室効果ガスと定められています。