BOGとはBoil Off Gas(ボイルオフガス)の略で、LNGタンクの中で自然入り熱などにより気化したガスのことをいいます。発生したBOGを都市ガスの原料として使用するためには、高圧圧縮機により昇圧し再度液状化(再液化)する必要がありますが、BOGを再液化する際、電気を使う代わりにLNG冷熱を利用しています。