定格出力時において、ボイラに供給された全熱量に対する発生蒸気が吸収した熱量の割合をいいます。