近隣の地域で採取した種子等により育てた種苗のことで、生産過程が明らかであることも重要とされています。