直訳すると「多様性」です。英語ではDiversity & Inclusion(多様性と受容)といわれている政策・経営戦略のことです。性別や人種・民族の違いなどをお互いに認め合い、受け入れることで、新たな価値を生み出し企業の成長を図ろうという、米国で生まれた考え方です。多様性のテーマは人種・民族の違いや、国籍、性別、年齢、障がいの有無など様々ですが、日本企業では特に女性の活躍支援に力を入れています。