天然ガスは産出国で液化され、液化天然ガス(LNG)として輸入されています。このLNGはマイナス160℃程度の低温液体で、気化して天然ガスになる時に周囲から熱を奪って冷却する力(=冷熱エネルギー)があり、1tあたり約240kWhのエネルギーを持っています。この力を動力として回収し発電に利用するのが、冷熱発電です。