2013年以降の京都議定書第二約束期間において、排出量削減が求められた7種類の温室効果ガスのうちの1つです(7種類の温室効果ガスとは、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄、三フッ化窒素)。メタンの多くは、有機性の廃棄物の最終処分場や、沼沢の底、家畜の糞尿、下水汚泥の嫌気性分解過程などから発生します。