CSRにおける重要側面のことを指します。企業活動における個々のCSR側面ごとに、企業にとっての重要性と、社会にとっての重要性をそれぞれ考慮し、両者にとって重要性が高いものを特定することを「マテリアリティの特定」といい、企業が何を優先的に取り組むかを決定する重要なプロセスとなります。