1999年の世界経済フォーラムで、当時国連事務総長であったコフィー・アナンが企業に対して提唱したイニシアティブです。企業に対し、人権・労働・環境・腐敗防止に関する10原則を順守し実践するよう要請しています。