基準に適合しない土壌について、遮水壁(拡散防止を目的として地中に設置する壁)等でその場(原位置)において封じこめる工法のことをいいます。