ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電方式です。都市ガスを圧縮した空気と混ぜて燃やし、そこで得られる力で羽根車(ガスタービン)を回して発電します。さらに、ガスタービンの排ガスの熱を利用して、排熱回収ボイラで蒸気を発生させ、蒸気タービンを回して発電します。このようにガスタービン・コンバインドサイクルでは、排ガスの熱を再利用することで、高い発電効率が得られます。